楽ちんウォーターサーバー

2018年5月8日 | ウォーターサーバーについて | By 木屋 奈津恵 | 0 Comments

みなさんにとってウォーターサーバーってどんな存在ですか?正直に言うと、私は全く重要視していませんでした。

むしろ、「水道をひねれば飲めるお水が出てくるのに何を好き好んで…」と思っていたのですが。一言いいですか、一言だけいわせてください。「ウォーターサーバーってめちゃくちゃいいですよ」

きっかけはアレルギー対策
私の主人は生まれつきアトピーの症状があるのです。漢方や食事療法、生活改善などなど、日々アレルギーとゆるく長く戦っています。ある日、何処からか「水道水よりウォーターサーバーのお水が良い」との情報を仕入れた旦那様。早速ウォーターサーバーを契約してきました。

おいしい?おいしくない?
契約からまもなく、我が家にピカピカのウォーターサーバーがやってきました。「日本は水道水がおいしく飲めるのにもったいなぁい」なんてごねていた私もすっかりテンションがあがります。

お湯も冷たいお水もボタン1つで出てくるんだね!(しかもチャイルドロックまである)と二人でしばらく盛り上がりました。しかし、興奮も落ち着いた数ヶ月後。私の中で何かがもやもやとし始めます。

「…なんか、なんかちょっと味があるんだよなぁ」実は私、静岡の田舎で生まれましたので、それこそ「おいしい水」で育てられたのです。(後から知りましたが、実家の水道には、本当に富士山の湧き水がまぜられていたそうです)そんな矢先、引越しに伴いウォーターサーバーを解約、新しい住所で新規契約をすることになりました。

お水の種類
新しいウォーターサーバーは「フレシャスdewo」です。実はこのサーバー、グッドデザイン賞受賞のすごくスタイリッシュなボディ。「セレブになった気分だね」とまた盛り上がりました。

そしてお水を一口飲んだ瞬間…美味しいんです。本当に。もうジュースよりお水を飲みたい、お水!ってなる程美味しいんです。びっくりしました。その理由がお水の種類です。「RO水」と「天然水」、みなさんご存知ですか?

「RO水」というのは、採取した水にRO膜処理をした水のことだそうです。簡単に言うと、濾過してミネラルを添加したお水のこと。対して「天然水」はほとんどそのままのお水。(ほとんどという様に安全のための加工は加えられるようです)私が最初に飲んでいたのは、「RO水」で、後半に飲んで感動したのは「天然水」だったのです。

どっちがいいの?
「RO水」も「天然水」も安全なお水という面では同じです。私の好みは天然水でしたが、RO水も完全に不純物を取り除いたクリーンな水という意味では非常に優秀です。最終的には、どちらに比重をおくか、金額はどうか。

といった面で個人の好みになると思います。ウォーターサーバー。少しセレブになった気分を味わえるし、カップラーメンを作るのだって楽ちん。もちろんお米も美味しくたけて、赤ちゃんのミルクつくりにも安心。あなたも1台いかがでしょうか?

関連記事