ウォーターサーバーのワンウェイ方式の良い点・悪い点とは

ウォーターサーバーを取り入れたいという方においては、お水の品質や味というものはもちろんですが「お水の取り入れ方」「方式」というものも二期なられるのではないでしょうか。
今回は、そんな方式の1つである「ワンウェイ方式」について見ていきましょう。

ワンウェイ方式の良い点について

ウォーターサーバーのワンウェイ方式の魅力ですが「常に衛生的に美味しいお水が摂取できる」というところにあるでしょう。
お水が減っていくのと比例をしてボトルそのものが縮んでいくのです。
これは、空気の侵入を防ぐことになりますので、雑菌の繁殖を防ぎ味の劣化をもまた防ぐことが可能というわけです。
まさしく「最後の1滴まで美味しく飲める」ということがいえるでしょう。

場所もとらない

またボトルに関しては飲みきっていただければ小さくたたんで捨てていただくだけとなっています。
ボトル回収まで部屋の場所をとってしまう・ごみがかさばってしまうなどということもありません。
これは、一人暮らしの方においても嬉しいポイントといえるのではないでしょうか。

デメリットについて

ウォーターサーバーのワンウェイ方式のデメリットですが、あえて言えばリターナブル方式と比較をすると、料金的に高くなりやすいという事かもしれません。
とはいえ、大きな価格差だというわけではありません。

ワンウェイ方式を導入しているメーカーも多い

ウォーターサーバー業界においてもワンウェイ方式を導入しているところが多いのです。
「うるのん」や「クリティア」など大手と呼ばれるメーカーもこのワンウェイ方式を導入しているのです。

メリットとデメリットについて

メリット・デメリットそれぞれについて触れていきましたが、双方を知っておくとより満足した形で設置・利用していただけるかと思います。
気になる点は各メーカーにて相談などを受け付けているかと思いますのでメールや電話をして見るのも良いでしょう。
ワンウェイ・リターナブル双方のスタンスを提供しているというメーカーもまたあるようです。